妊娠中のお話

記念すべき、はじめての投稿

更新日:

はじめまして!

現在、妊娠8か月、出産予定日まであと70日になりました、42歳の高齢妊婦です^^

喉の奥で何か詰まっている感覚がある喉つわりが残り、まだ味覚がおかしいものの、つわりはほぼ終わりました!

体調が良くて気力のある時に、のんびり妊娠生活の日々あれこれを綴っていこうと思っています。

 

ひたすら耐えるしかなかったツラ~~~イつわり、高齢の妊娠生活、体重管理、出産準備などなど。

 

我が家には13歳の息子がいます。生意気でえらそーな、でもどこかまだ甘えた子供気分の残る中学1年生で…(-_-;)

実に13年ぶりの妊娠!

春には13歳差の兄妹のいる生活が始まります!

 

このお兄ちゃん、ことあるごとに、きょうだいが欲しいよ~~~、と望んでいました。

なので、妊娠を伝えた時には、涙を流して「嬉しいよ~(ぐすん)」と喜んでくれて。じわっとしました。つわりの苦しい時期もたくさん助けてくれました!

ま、そのくせ、いろいろ問題を起こしては我が家にひと悶着を起こすんですが。。。

 

最近、眠りが浅く、熟睡できないようになってきました。目が覚めてしまうので、4時半にはエイっと起きてお兄ちゃんのお弁当を作ります。

今日のお弁当の写真は、コチラ^^

鮭の炊き込みご飯&ピーマン丼弁当

この鮭ご飯、手抜きもいいとこ、塩鮭をポンとお米の上に乗せてご飯を炊くだけです。1合につき切り身ひとつ。味付けは一切なし!塩鮭の塩に100%頼ります。炊き上がり。

しゃけご飯

骨と皮を外してまぜればできあがりです

お兄ちゃんは鮭料理の中でこれが一番好きだそう。焼いたり、フィンランド風クリームシチューにしたり、チャンチャン焼きにしたりと、他にもたくさん美味しい鮭の食べ方あると思うんですけどね。

このシンプルでふっくらしっとりした鮭の炊き込みご飯がいいそうです。だしやお醤油の味付け、きのこや油揚げの具材も追加してくれるな、と。

安い切り身をみつけたら買ってきて冷凍庫に常備しています。

 

妊婦の私はこの鮭ご飯におからパウダーを混ぜて食べました。

体重管理必須なので腹持ちのよいよう、「微粒パウダー」をご飯に混ぜています。

 

普通の生おからはレンジでチンしたりフライパンで炒ったりしないとおからの匂いや食感がダイレクトに残るのですが、この微粒パウダーはそのままふりかけるだけでオッケー。

ご飯の粒がおからパウダーにコーテイングされて、もっちりした味わいになります。腹持ちも抜群!スープに入れたらあっという間に溶けて豆乳スープみたいな風情になりますよ!オススメです!

 

こんな感じで、高齢出産までの日々、そして無事生まれてきたら13歳差兄妹のいる家庭の様子などをお伝えしていきたいと思っています。気長に、肩の力を抜いてお付き合いしてください。

 

よろしくお願いいたします!!

-妊娠中のお話

Copyright© ほっこり雑記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.