子育ての話

ももちゃんの神楽坂散歩

投稿日:

この前の日曜日、ももちゃんと一緒にテアトルアカデミーのオーディションに行ってきました。

その前に、ももちゃんとパパと一緒に神楽坂を散歩してきました~

その時の記録を残しおこうと思います。

 

まずは、神楽坂上の交差点近くから出発です。

ちょっと曇り気味なのが残念ですが、気持ちのいい日でした。

 

まずは、神楽坂上から神楽坂駅方面に、坂を上がってみます。

メイン通りは日曜日ということもあり、混雑気味。

しかも、10月ということで「化け猫ハロウィンフェスティバル」をやっていて、化け猫のコスプレやお面をかぶった人がたくさんいました。

ももちゃんがもう少し大きくなったら、参加すると楽しそうですよね!

 

ちなみに、何故神楽坂で「化け猫フェスティバル」なのか?

調べてみたら、夏目漱石がこの近くに住んでいたそうなのです。

ご存知の方も多いと思いますが、神楽坂は文豪たちに愛された町。

夏目漱石や泉鏡花、石川啄木などが有名ですよね。

で、夏目漱石の「吾輩は猫である」にちなんで、「化け猫ハロウィンフェスティバル」をやっているのだとか。

明治~大正の日本文化と欧米文化の融合、ステキですよね~。

 

さて、しばらくメイン通りを行って、ちょっと横道にそれてみました。

と、ここで可愛らしい八百屋さんを発見!

神楽坂らしくこじんまりしたお店で、秋の味覚の栗が置かれていました。

パパにももちゃんをお願いして、ちょっと入ってみると、カワイイ野菜がたくさん!

紫キャベツとエシャロットを買ってみました。

 

神楽坂はちょっとした裏道がとにかくオシャレ。

この八百屋さんからちょっと裏道を進んだところでふと横を見ると・・・

ちょっとヨーロッパチックな佇まいが。

でも、お店は「吉野葛」で有名な「松屋本店」が入っています。

ちょっと和菓子をつまんでみたい気もしたけど、ベビーカーでは厳しいかな?

雰囲気だけ楽しんで、散歩を続けます。

 

裏道を進んでいくと、神楽坂駅近くの「赤城神社」に着きました。

ここは、2010年に社殿を建築家の隈研吾が立て直したんだとか。

なんだかオシャレね~

記念に一枚、パチリ。

ここから近くには、実は今回行ってみたかったお店があるんです。

それが、とろけるクリームパンで有名な「亀井堂」!

なんでもトングで持てないと言われるほどのフワフワ加減なんだとか。

でも・・・でも・・・

何と、日曜は定休日でした(涙)

ここのイートインで食べてみたかったのに、残念です。

お兄ちゃんにも買って帰ろうと思っていたのですが、また次の機会ですね。

 

ここからほど近くに、「ねこの郵便局というなまえのお店」という不思議な雑貨屋さんを発見。

この一角だけ異様に目立っていました(笑)

これも、夏目漱石の影響なのかな?と思ったら、切手収集が趣味のオーナーさんが始めたんだとか。

ネコに力点があるのではなく、郵便局に力点があるのね。

カワイイ雑貨だらけで、ちょっとほっこり(笑)

 

この後、神楽坂下へ向けてまたそぞろ歩き。

途中、裏路地で「和可菜」さんを発見。ここはあの山田洋次監督がカンヅメになりながら執筆をつづけたという旅館。

狭い地域にこうした歴史あるお店がたくさんあるのが、この町の魅力なんですね。

 

その後、軽くコーヒーを飲んでから、テアトルのオーディションに出発しました。

また今度、時間を作って散歩に来たい町ですね!

ももちゃんが歩けるようになったら、一緒に来ようね!!

-子育ての話

Copyright© ほっこり雑記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.