オットブログ 子育ての役立ち情報 子育ての話

夜寝るのが苦手な娘…天使の寝床なら熟睡です(笑)

投稿日:

ちょこきな子パパです。娘が生まれてから今日で29日目となりました。

2350gで生まれて、その後40gのミルクを飲むのが精いっぱいな状態が続きちょっと心配してましたが、今は一回り体も大きくなりミルクも70gは行けるようになりました。

顔もちょっとふっくらしてきました。

こちらは、13年前に生まれた息子と今年生まれた娘の、新生児時代の比較写真(^-^)

ちょこきな子が作ったのですが…大きさを測るものが「たい焼き」という(笑)

 

庭でジューンベリー摘みしたよ

庭のジューンベリーに大量の実がなりました。

毎年小鳥のエサになっちゃうのですが、今年は何故かあまり来ないので、いい感じの実がたくさん…!

そこで、熟した実を摘んでみることに(^o^)

小さ目のザルに、たくさん取れました~

ちょっと一粒口に放り込んでみると、なんとも甘―い味が。

小さな種があって、それを「ペッ」てしなくてはなりませんが、いい味です。

記念に、娘との2ショット写真も撮りました。

この後、ちょこきな子が鍋で煮詰めて、ジャムを作ってくれました~。

明日の朝食とかに使ってみたいと思います(^o^)

 

寝室の配置について

娘は寝室で寝ていて、お布団の配置は「ちょこきな子パパ」「娘」「ちょこきな子」という川の字方式。

とある本によると、この両親で子どもをサンドイッチする配置は、日本人のほぼ全ての家庭で行われているそうです。

パパとママが協力して子育てできる配置なんですが、子どもの自立心を育てるには、「パパ」「ママ」「子ども」と、挟まない方が良いそうなのですが…。

 

13歳差のお兄ちゃんは、まだ首が座ってない赤ちゃんにビビッているのか、あまり近寄ってくれません(^_^;)

抱っこしても、やや固まってしまっているというか…。

でも、愛犬が興奮して近づこうとすると、ブロックしてくれたりもします。

ちなみにこの写真は、授乳を手伝ってくれた時の写真。こわごわやってます…

この後散歩とか行くようになったら、もっと手伝ってくれるのかな??

 

娘は夜寝るのが苦手? 泣く理由を調査

生まれた時から、寝ている時に「あー」とか「うー」とか、ブツブツつぶやいて、ちょこきな子の眠りを寸断していた娘(-_-;)

最近ではそれに拍車がかかってきて、夜はとにかく眠りが浅くて、すぐに「うっうっ…」とか「ふがっ…あーー」とか、大泣き寸前状態がずっと続きます。

ちょこきな子はそのたびに起きて、「どうしたの~?」「眠いのに眠れないのね~よしよし」とあやしたり、おっぱいを含ませたり。

で、明け方くらいからようやく眠るようになるのです。

 

赤ちゃんが何故泣いてしまうのか…?その原因を知りたくて、ちょっと調べてみると、次のようなことがわかりました。

 

   おしっこ、ウンチをして気持ち悪い

おむつの中は湿気がこもるので、おしっこやウンチをすると、より湿気がこもって不快になり、泣いてしまいます。

また赤ちゃんの肌はとってもデリケート。ワセリンなどを塗って、直接肌にウンチが当たらないようにしてますが、それでもかぶれてしまうことも。

ちょこきな子は眠いはずなのに、ちょいちょい起きておむつを交換しています。本当に頭が下がります…

 

  眠いのに寝られなくて泣く

娘はまさにこの状態なのかな?

赤ちゃんが布団や抱っこしているちょこきな子のおっぱいに顔をこすりつけたりします。これが眠いサインだそうです。

特に新生児は睡眠のサイクルが不規則なのか、上手に眠れないケースも多いそうです。本来部屋を暗くする方が眠れるそうなのですが、娘は目がパッチリ…。

抱っこしながら背中をリズムよくトントンしてあげたりするのがいいそうです。

ここは私も出来るところなので、やってますよ!(すみません、20回に1回くらいになっちゃってますが…)

 

  寂しい、あるいは不安な気持ち

新生児でも寂しいとかあるのかな?と思ったのですが、このケースもあるそうです。

子宮の中にいた時は暗くて静かで、子宮の壁に密着していたのに、それがなくなっている。

だから「抱っこしてほしい」となるそうです。

これはまさに、寂しいから。

対処法としてはやっぱり抱っこが一番で、それ以外の方法だと「おくるみ」がいいそうです。

両手や両足がくるまれて、子宮の中っぽくなり安心するそうです。

 

娘が泣き止む!天使の寝床

そんな娘が泣き止む必殺のツールがあります。

それが…天使の寝床。↓これ

ふかふかのマットで、真ん中がちょっと窪んでいるのが特徴です。

ここにおしりがすっぽりはまるのと、真っ平らではなく傾いていることで、姿勢が保てるのが良いみたいです。

 

ただ、これに慣れると夜ますます眠られなくなるので、夜は頑張って普通のお布団で寝るように頑張っているのですが…(^_^;)

 

もし気になる方は、こちらからどうぞ!

ただ、こちらの商品が結構お高くて…25000円もしちゃうんです。

ウチは友人からもらったのでラッキーだったのですが(-_-;)

 

でも調べてみたら、似たような商品でもっと安いものを見つけたので、ご紹介しておきますね。

赤ちゃんが寝なくて悩んでいる方には、おすすめです~(^-^)

 

-オットブログ, 子育ての役立ち情報, 子育ての話

Copyright© ほっこり雑記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.