子育ての役立ち情報

【赤ちゃんあるある】モノをワザと落とす その理由と対処法

投稿日:

今日でももちゃんは9ヵ月目になりました。

おめでとう~!生まれた時は2300gくらいだったのに、大きくなったね!

そんなももちゃん、ここ1か月くらいのブームは、ワザと物を落とすこと。

初めは笑って許せても、こっちだって忙しいし、片付けたそばから落とされるとついイラっとしちゃいますよね?

 

そこで今回は、赤ちゃんが物をワザと落とす習性について、調べてみました!

 

なぜ、ワザと物を落とすのか?

まずは、コチラをご覧ください。

もう、本当に嬉しそうにフタを落とします。

拾ってあげると、また嬉しそうに同じことの繰り返し。

一体何でこんなことを楽しそうにするのでしょうか?

 

実はこの「ワザと物を落とす」という行為、赤ちゃんにとっては自分の体と物の動きの研究なんです(笑)

 

ももちゃん
えへ~これどうなるのかな~?

こうやって手を離したら…

あれ?なくなった…

ん?ポトンって音がしたよ?

あ、あんなところにフタがある~♪

 

といった感じで、手をどう動かせば物がどう動き、どう落ちるのかを研究しているというのです。

 

大好きなフタが手を離したらどう動くのかという好奇心と、ママといっぱい遊びたいという欲求が、この行動を取らせているんです。

ワザと物を落とすことは、赤ちゃんの成長に必要な過程と理解し、大きな心で付き合ってあげましょう(笑)

 

やめて欲しい時は、どう教えたらいい?

とはいえ、ママも忙しい身。

どうしてもやめて欲しい時もあるはずです。

そんな時、赤ちゃんにどう教えたらいいのでしょうか?

 

まずは赤ちゃんが混乱しないように、ママの中で基準を設けましょう。

例えば「フタ」くらいならいいけど、「スプーン」を投げるのは危ないからダメ、といった風に「ここまでなら許す」基準が必要です。

 

その上で、次のような手順で教えていきましょう。

 

1.言葉で伝える

ママのボーダーラインを超える行動をした時、まずは「これは危ないからダメよ」「落とさないでね」といった風に話しかけましょう。

その時、急に大声で怒鳴りつけないように。

ほんの少し声のトーンを落とし、赤ちゃんが「あれ?いつもの声と違う」と思うようにすると良いです。

 

2.悲しい表情をする

ももちゃんの写真を見てもわかるように、わざと物を落とす時はルンルン気分です。

その笑顔に負けないよう、悲しい顔をして話しかけましょう。

笑顔のままで「あーあ、だめだよ~」と話しかけても、赤ちゃんは「楽しい」モードのままです。

ママが普段と違う悲しい顔をすることで、「いつもの顔じゃない」と気付き、学んでいくのです。

 

しかしこれがとにかく至難の業。

だって…カワイイんですもの。

 

ついつい笑顔になってしまいますが、本当に注意するなら負けないでくださいね!

パパは一瞬悲しい顔をして注意してくれますが、すぐにももちゃんの笑顔に負けて笑っちゃうので、まったくあてになりません(笑)

 

でもこの前パパが、落とした歯ブラシに向かって悲しそうに「ごめんね、痛かったね…高い所から落っこちちゃったもんね…」と泣く真似をしながら話している時は、ももちゃんも神妙な顔をしてました。

この技、使えるかもしれませんね!

 

-子育ての役立ち情報

Copyright© ほっこり雑記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.