オットブログ

赤ちゃんがパパにだけ笑う、という恐怖(笑)

更新日:

 

お久しぶりです。ちょこきな子パパです。

娘も5か月に入り、離乳食もはじめて、すくすく育っているのに幸せを噛みしめています。

 

そんな中、ちょこきな子パパには悩みが…

それは、

娘がパパにだけ笑いかける

ということです。

 

良いことだよね?と思いますよね?

でもよく考えてみてください。普段娘の世話を延々とやっているのはママです。

それなのに、ちょっと帰ってきてほとんど家事・育児をやらないパパに赤ちゃんがなつくなんて…ある意味恐怖を感じません?

そう、ママの目を…。

家庭内黙示録…ママの言葉にどう切り返す!?

先日あった出来事ですが、ママに抱っこされた赤ちゃんが、パパが晩ごはん食べているところを見て大笑い。

しかも、「ウフフ」とかじゃないんです。

「あっは!きゃははははは!」

と声をあげて大笑いするんです。鼻の頭にシワまで作って。

パパの疲れなんて吹っ飛びます。めっちゃ嬉しいです。

・・・そんな時、ちょこきな子が言いました。

ママ
何でパパ見ると笑うのかな~何か面白いことをしてくれるからかな~

 

ここで「来た!」と思った世のパパ諸君。

君らはいい勘をしている!!

そう、ママは無邪気に言っている。それはわかっている。

だが、ここで調子に乗って妙な返し方をしでもしたら…場合によってはこの後の家庭生活どうなるか…

それは突然やってくる、家庭内に突如訪れる死神からのサインなのだぁ!

 

ママ
パパがゴハン食べてるのが面白いの~?

 

考えるんだっ!俺。

いいのか?このままチョーシにのってご飯食べ続けてて…

赤ちゃんが笑い続けてくれれば明るい雰囲気のままだが、笑い終わったらどうなる?

ママ
こんなに笑うなんてなかなかないね~

 

くっ、どういう意味だ?

拗ねてるのか?いやちょこきな子に限ってそれは…

いや、それともフォローした方がいいのか?

しかし突然何をフォローするというんだ??

く…ここは…

パパ
ね~どうしてだろうね~

 

中間管理職の必殺技・笑顔の追従!

マズい場面ではとにかく笑うだけに留める。

前に進むでもなく、傷を負うわけでもない、まさに悪魔的逃避…!(福本伸行さん、すみません~)

 


なーんて大げさに書きましたが、200%盛りまくりエピソードです。

もちろん修羅場なんてないですし、赤ちゃんもママにいっぱい笑いかけてますよ?

 

でも、ちょっと気になったのでググってみたら、結構この話題、気にしているママさんたちもいるみたいでした。

曰く「私の方が朝から晩まで面倒みてるのに、なんて旦那にだけ笑うの?」

曰く「私のこと嫌なの?何かさみしい」

 

あ~、どの家庭でも同じなんですね~

ちょこきな子は(たぶん)そこまで気にしてないので大丈夫だと思いますが、中には本気で心配しているママさんもいて…

 

そこで、なぜ赤ちゃんがパパにだけ笑いかけるのか、ちょっと調べてみました。

 

何故パパにだけ笑うのか?

赤ちゃんにとって、ママはいつも身近にいる存在です。

なので、「いるのがあたりまえ」。

しかも5か月の赤ちゃんにとっては、まだママとかパパとか認識できない時期です。

 

つまり、遠慮しなくていい人と思っているんだそうです。

もっと言うと、「自分」か「自分に等しい人」だと思っている。自分との境目がないんです。

だからこそ、ママから得られるのは「安心」「安息」なんですね。

まあ、考えてみれば当然とも言えます。

 

実際、「ママは自分とは違う人間らしい」と気付くのは、もっと後の時期なんだそうです。

 

そして、赤ちゃんにとって一番身近な「自分じゃないもの」が、パパなんです。

自分じゃないからこそ、赤ちゃんは興味津々。

しかも普段はいなくて、夜にならないと会えない。

だから、存在自体が面白くって仕方がないんです。

 

赤ちゃんはパパを通して、社会性を身につけ始めていきますから、「自分じゃない人」に対してニコニコできる、というのはとってもいいことだと思います。

パパにばかり笑顔を向けているというのは、他人とのかかわりを学んでいる証拠。

だから、「なんでパパばっかり…」と思う必要なんてないんです。

 

この時期、ママは赤ちゃんと一心同体なんですね!

 

すみません、くだらない記事書きましたm(__)m

久しぶりの記事で、思わずくだらないことを書いちゃいました。

すみません~

 

またちょこきな子に任せます。

-オットブログ

Copyright© ほっこり雑記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.